【リフォーム】プラチナ ダイヤペンダント

お母様からお嬢様へ

お母様が大切にされていた大事な指輪。
思いが詰まった指輪だからこそ、お嬢様に身に付けて欲しいとのご依頼でした。

普段でも、ちょっと華やかな場所でもずっと身に付けて貰える用にシンプルだけどこだわりが詰まったペンダントになりました。

ダイヤの周りのちっちゃい粒はミルグレインと言われる技法です。
ミルグレインとは「千の粒」の意味を持ち、昔の職人がまだ機械とかは無く全部手作業の時代にタガネと呼ばれる工具で、身に付ける人に幸せが訪れるようにと願いを込めて1個ずつ粒をコンコンと打ち込んだのが始まりです。

アンティークジュエリーにはほとんどミルが入っていますね。

今は機械で正確に、素早く出来ますが、手作業の暖かみがあるミルグレインも味が出て素敵だと思います。

関連記事

PAGE TOP